1. キャンパスシティ
  2. 慶應義塾大学
  3. 大学受験
  4. 文学部
  5. ぽぽさんの受験体験談

慶應義塾大学の合格体験記

ぽぽさんの慶應義塾大学 文学部 受験体験談

受験体験談詳細

投稿者:ぽぽさん
出身校:筑波大附属|受験区分:一般入試|入学年度:2006年
参考になった: 452

併願校は?

×東京大学文科3類
○上智大学法学部国際関係法学科
○上智大学文学部新聞学科
○早稲田大学第一文学部

この大学に決めた理由

勉強する内容と、2年で専攻が選べること。

合格する勉強方法/必勝法

合格するためにこれといった勉強をしたわけではないのですが、
英語は国立受験を考えていると簡単に思えます。
和訳や要約が出るからです。
英語ができればあとの科目はMARCHレベルに受かる程度の学力で大丈夫だと思う。

オススメ参考書

特に英語は要約が出るので駿台の要約問題集を終わらせました。
これは大きかったかなって思います。

合格判定どーだった?

ずっとAでした。

受験勉強をはじめた時期

1年から塾には通っていましたが、本格的に始めたのは3年生からです。
特に英語と世界史は。。

ツラかったこと、克服法

国立受験と一緒に私立対策もしなければいけなかったこと。
数学の勉強が苦しかった(;-;*)
気分転換は音楽と、あとは塾の帰りにウィンドウショッピングすること。
友達と月に1回定例会と称してカラオケにいったりしていました。

受験生の時恋人いた?恋してた?

いない。

塾・予備校・通信教育には通った?

はい。館山塾です。アットホームなところです。

オープンキャンパスとか参加した?

オープンキャンパスにはいきました。
けれど、そこでいきたいと思ったかっていうとそういうわけではない。
高校に入学した頃から漠然と慶應の文学部には憧れていたので。

ずばり大学の良いところ

文学部は生徒がとても真面目です。
慶應はさぼりがちな人が多いのがよくないところでもあるんですが。

あとは一般教養科目が充実しているのがすばらしいです。
人脈が作れること、サークル活動に打ち込める環境があること。
何より良い出会いがいっぱいです。

ずばり大学の悪いところ

慶應ブランドに誇りもちすぎてる人がいる。
だから何なの?って思っちゃう。

高校生・後輩へのメッセージ

大学は結局、行って何をするかが一番大事です。
それから、受験で勉強した知識は、特に英語は意外と役立つので、
無駄と思わず頑張ってください☆

体験談情報
合格学部・学科 慶應義塾大学 文学部人文社会学科(2006年)
ニックネーム ぽぽ(女性)
都道府県 / 出身高校 茨城県 / 筑波大附属
受験区分 一般入試
受験方式/科目 世界史
現役?浪人? 現役合格
この体験談が参考になった

週間アクセス人気ミスキャンパス

神尾美沙 上野未佳 荒井茉莉子 田中亜依 奥地純佳
神尾美沙さん (08年/成城大学) 上野未佳さん (07年/慶應義塾大学) 荒井茉莉子さん (09年/中央大学) 田中亜依さん (10年/東京大学) 奥地純佳さん (07年/慶應義塾大学)

注目の情報
2010年大学生新生活特集

シングルパックの引越が、激安のエリア定額15,750円から(税込)

単身パックのお引越しが1.5tトラック1台とスタッフ2名のパックで、15,750円から(税込)!数量限定、同一市区間内定額料金の業界初のシステム。まずは無料お見積もりを!